人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マーティンボローヴィンヤードの見学と試飲

マーティンボローヴィンヤードのワイナリー見学。

b0179458_1850355.jpg


マーティボローに来て、「ザ・フレンチ・ビストロ」ではじめて飲んだ、マーティボローのピノ・ノワール

このワインがどのようにつくられているのか、と思うと期待が高まります。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

続きを読む
by 2007piccolo | 2009-08-30 18:56 | ニュージーランド ワイナリー

ニュージーランドワインのピノ・ノワール飲み比べ

縁あって、楠田さんにお誘いいただき、楠田邸でワイン会が行われました。

本当にビックリするほどのワイン(珍しかったり、古かったり、高級だったり)がずらり。

この日は、ニュージーランドワインのピノ・ノワールを3種いただきました。

アタ・ランギ ピノ・ノワール1999(ATA RANGI PINOT NOIR 1999)。

b0179458_1816532.jpg


ちょうどアタ・ランギワイナリーを見学したばかりで、ワインメーカーの顔を思い出します。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

続きを読む
by 2007piccolo | 2009-08-30 18:24 | ニュージーランド ワイン

THE CLAREMONT(マーティンボロー ホテル)

マーティンボローでは、THE CLAREMONTに宿泊しました。

b0179458_2337268.jpg


玄関こそリゾート風ですが、中はシンプルなつくり。河口湖や伊豆高原などにありそうなコテージ、ペンションののようです。

b0179458_23385223.jpg


朝食もついていなかったので、事前にスーパーで買い置きして、部屋の中でいただきます。

部屋には、冷蔵庫はもちろん、電気コンロやレンジがあるので、簡単な料理もできます。

友人とは、

“たまには自炊しようね・・・。”

なーんて最初は話をしていましたが、そんな間もなく、日夜!?ワイン漬けの日々が・・・。

1泊シングルで6,000~7,000円ぐらいだったかな。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by 2007piccolo | 2009-08-29 23:43 | ニュージーランド ホテル

アタ・ランギ ワイナリーでピノ・ノワールをテイスティング

アタ・ランギ ワイナリー見学のあとは、ワインショップで試飲。

ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリ、シャルドネ、ピノ・ノワールをいただきました。

アタ・ランギで有名なのは、ピノ・ノワール。マーティンボローで評価の高いワインの一つです。

b0179458_2333579.jpg


2007年をいただきました。

ワインメーカー自らがグラスにワインを注いでくれました。

b0179458_234591.jpg


自分用のお土産には、アタ・ランギのセカンド・ラベルともいえる「アタ・ランギ・クリムゾン2008」(NZ$32)を購入しました。

隣で、「クリムゾン」のマグナムボトルを買って、ワインメーカーにサインしてもらっていたので、

b0179458_2352786.jpg


私も買った「クリムゾン」にサインをしてもらいました。

帰国後の日本での楽しみです。

いつ、飲もうかしらん。飲みたい人、集合!

b0179458_236753.jpg


アタ・ランギワイナリー(ATA RANGI)
Puruatanga Road PO Box 43
Martinborough,NEW ZEALAND

2009年4月25日訪問。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by 2007piccolo | 2009-08-29 23:10 | ニュージーランド ワイナリー

アタ・ランギ ワイナリー見学(ATA RANGI)

マティンボローでは、知人に案内してもらい、アタ・ランギワイナリーを見学しました。

b0179458_2218741.jpg


小じんまりとしたワイナリーながらも、新しい設備が整えられていますね。

b0179458_22203472.jpg


訪問した日は、ピノ・ノワールとレイトハーヴェストのリースリングを搾汁したところdした。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

続きを読む
by 2007piccolo | 2009-08-29 22:28 | ニュージーランド ワイナリー

ぶどうの選果(KUSUDA WINERY)

いよいよ、この旅行の目的のクスダワイナリーへ。

まずは、ぶどうの選果作業から。
すでにピノ・ノワールは終わり、シラーの選果です。

b0179458_1740277.jpg


実際に選果をするのははじめて。楠田さんに説明を聞きながら、ハサミで作業をしていきます。

b0179458_17404748.jpg


“青と黒のぶどうが健全。(・・・細かい説明もあったけど、中略)皮の傷から、菌が入りぶどうが腐る原因になるので、悪いものをハサミで落としてしまって下さい。”

水分が飛んで少しシワが入った程度ならOKだそうです。

こうして聞くと、選果でいかにいい粒を残すか、でワインの味(品質)が決まる、ということだなぁ・・・と実感。

その後、マーティンボローでもいくつかのワイナリーを巡りますが、選果作業をしているワイナリーはほとんどありませんでした。

丹念に育てるのはもちろんですが、細かくケアするあたりは、日本人魂!?でしょうか。

一房、一房ごとに愛情がつまっていると感じました。

b0179458_17414421.jpg


ワインって、本当に農業です。


2009年4月25日訪問。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by 2007piccolo | 2009-08-23 17:45 | ニュージーランド ワイナリー

マーティンボロー ピノ・ノワール2006

マーティンボローのレストラン「ザ・フレンチ ビストロ」で、「マーティンボロー ピノ・ノワール2006」を飲みました。

b0179458_22145776.jpg


ワインは、通常お料理とのマリアージュの相乗効果を楽しむもの、と個人的には思っていますが、このマーティンボーロ ピノ・ノワールは、ワインだけでも十分に楽しめるもの。

ボトルワインで頼んで、テイスティングしただけで、しっかりとした造り、濃厚感が楽しめました。

ピノでしっかりしていますが、決して大ざっぱではなく、丹念なつくりでぶどうそのものの凝縮味を感じました。このマーティンボロー ピノ・ノワールのワインなら、ワインだけでも、もしくは、パンとワインで十分に楽しめるものです。ジャムのような、ベリー系が本当に華やかでした。

最後に頼んだデザート、クレープシュゼットにマーティンボーロ ピノ・ノワールを2~3滴たらり、もよかったです。ちょっと贅沢~。

せっかくマーティンボーロ に来たので、マーティンボーロの御三家、マーティンボローワイナリー、アタランギ、ドライリバーのピノノワールは、絶対に飲んで帰りたい!と思いました。

ちにみに、「ザ・フレンチ ビストロ」ではこのワインは89NZドルでした。


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by 2007piccolo | 2009-08-23 17:16 | ニュージーランド ワイン

ニュージランドワインは、ほとんどがスクリューキャップ

「マーティンボローヴィンヤード」を、「ザ・フレンチ・ビストロ」で飲んだときに、びっくりしましたが、ニュージーランドのワインは、コルクではなく、スクリューキャップが主流みたいです。

b0179458_18591444.jpg


逆に言うと、このマーティンボローでコルクをつかっているのは、シューベルトやクスダワイナリー。あと有名どころでは、ドライ・リバーとエスカープメントぐらいだそうです。

そのうち、日本でもスクリューキャップのワインが増えて、ソムリエが普通に注いでたりするのでしょうか。スクリューキャップのワインのサーブの仕方、マナーってあるのでしょうか…。教えて、ソムリエ!


↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by 2007piccolo | 2009-08-02 19:06 | ニュージーランド ワイン